saburogu

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.03 Memory
もう何年も前の春

私がまだ、ボードを初めてスキー場で満足していた頃
一緒に滑る仲間は、粉雪の魔力にハマりつつあった・・・




『新井に行こう!!行きたい!!』

いつも一緒に滑る、横ぷ、ハルナコから誘いがあった

新井?新潟の??そっちからだと遠いんじゃないの~?

『でも、来年のカラーデビューの前にもう一回新井に行ってみたいよね』

そのころ、ホームゲレンデの八海山スキー場でも普通のコースは滑らずに、
圧雪してないコースやゲレンデの隅っこの雪が吹き溜まりになってるエリアを滑るようになていた彼女達
私は、そんなエリアに入ったり、普通のコースを滑ったり・・・

新井スキー場というのは、新潟上越の豪雪地帯にある圧雪しないスキー場
もちろん、圧雪しないと雪崩が起きる可能性は、通常のスキー場の倍以上
それをスキーヤー&ボーダーのモラルと、スキー場の管理で安全に運営している・・・という


まだ新潟に帰って来たばかり・・・
思うように仕事も休めない中、金・土曜日の連休を取り付ける
木曜日の夜に、新井インターのスーパーホテルで集合!
2人の部屋にエキストラベッドで3人泊まると、一泊一人2500円!!安い!!
ご飯は、インターの周りのレストランでいいよね
なんでも温泉付きで、1時間だけ女性用になるみたいだよ!!

って、そんな準備は一応2時間以上も離れた場所に住んでるけど同じ新潟県の私がする


普通のスキー場のコースと、圧雪してないコース
どうちがうの??って思われると思うけど
うん、まず滑り方が違う・・・そして、滑った時の感覚が違う・・・
私は普通のコースで、気持ちよく板を走らせて風をきるのも好き
でも、足跡のない新雪の上をフワフワフワフワと浮いたように滑る感覚は、一度味わった人でないとわからないと思う・・・
おまけに自分の足で登って、やっとたどり着いた粉雪は最高

でも、この時は、まだそんな感覚も知らず、ただ一緒に滑ってきた仲間に置いて行かれたくなくて
新井に行く計画に乗った


メチャクチャ忙しい一週間を終え、約束の木曜日
どうも体調がおかしい。。。というか、たぶん熱がある
それでも、仕事を終えて、急いで新井に向かう
到着したホテルで待っていた二人に、

ごめんね、具合悪いから寝るね・・・

この時、38度を超える熱があった

『え~、大丈夫?』
『でも、やっぱり温花は、ただじゃ済まないよね~(笑)』

私のトラブルメーカーぶりをよく知る彼女たちは、快くさっさと私を寝かしつける


翌朝、熱は37度まで下がったいた
朝ご飯はホテルのサービスのパンやら、おにぎりを食べて、いざ新井へ!!


そこは、ARAIリゾートと呼ばれるだけあって、熱っぽい私の目にはディズニーランドのタウンに見えた
正直、滑っている時の記憶は、ほとんどない・・・
まだロングの圧雪してないコースを滑ったことのない私に
雪に溺れないように・・・ってアドバイスをくれる二人の言葉と
入ったら、死んじゃうかも・・・的な危険!!を知らせる立ち入り禁止エリアの張り紙
休憩で飲んだオロナミンC

それから、今日は何日かぶりの新雪ですよっていうスキー場の人の言葉
この日は平日、スキー場はガラガラだった

他のことは、ほとんど覚えてない・・・


夕ご飯は、ホテルのそばのレストランで煮込みうどんか炊き込みごはんか
たぶん、どちらかを食べたつもり
今なら、迷わず豚汁ラーメンのお店へ案内するのに、この時はそんなことも知らなかった

お風呂にも入らずに、また寝る

熱が39度近い・・・



翌朝、もう一度向かったスキー場は、それこそディズニーランドの開園待ちのようだった
オープンを待つ長蛇の列
新雪を狙う猛禽類達

新雪って、人が滑った後はもう楽しくないんだよね
これも、この時は知らなかったけど・・・

それを見て、眩暈がして、やっとあきらめがついた

ごめんね、私、もう無理みたい・・・帰るよ・・・


たぶん、この時も38度はあったと思う
昨日のフワフワと思って、力をふりしぼって来てみたけど人の多さに待ち時間に負けた・・・


やっとのことで家に帰り、寝込んだ私にメールが来る

『今日は雪良くなかったよ~
昨日注文したおみやげに地ビールは、代わりに飲んでおきます』


P1000401bb.jpg


新井では、前日に注文しておくと、お土産に地ビールを持って帰れるサービスをしていた
容器の瓶を一回買えば、何回でも使える

ビールも、もっと新井を堪能するのも次回のお楽しみ・・・


でも、その年の秋、新井スキー場は倒産
もう2度と行けなくなってしまった・・・

翌シーズンから、私たちはいわゆる裏山に入り始め、どんどん粉雪にハマって行くのだけど


今まだ部屋にあるこのビール瓶を見ると、なんだかちょっと苦笑い
この子、いつまで私の部屋にあるんだろう・・・?


ももママは、学生時代競技スキーをしてたんですよ~
もちろん、ギンギンの圧雪でした
でも、新雪の楽しさの誘惑に負けて
板の先を上げて滑ってしまうと
競技スキーの滑り方に戻すのにひと苦労でした
あちゃ~、遠い記憶だわ~(^_^;)
スキーは大昔に封印してボードも未経験でぇ~す
ん?ウイスキーは好きよ~
↑ なんて、やっぱり言っちゃったわ、とほほ
2012.03.04 21:40 | URL | ももママ | 編集
>この子、いつまで私の部屋にあるんだろう・・・?
ずっと(笑)
いい写真撮れたから、いいじゃん♪
2012.03.05 09:06 | URL | aji ko | 編集
競技スキーですか!?すごい!!
以前、よくスキーに行っていた・・・とは伺っていましたが、
競技スキーとは!!
かっこいい!!

温花、キレイに滑れないので、安全に楽しくだけがモットーです(^-^;)

寒いけど、冷たいけど、雪山楽しいですよね♪
2012.03.06 21:47 | URL | 温花 | 編集
この間の、思い出は、こんなトホホな思い出でしたぁ♪

そうですね、乱暴?大胆??
う~ん、無鉄砲ですぅ(^-^)
2012.03.06 21:50 | URL | 温花 | 編集
  管理者にだけ公開する


トラックバックURL
http://sabumimiabi.blog71.fc2.com/tb.php/364-931941cf


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。