saburogu

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.02.18 サブの病院 その2
さて、昨日に続いて、サブの病院についてです

昨日サブを連れて行った病院は、今までサブがかかっていた病院とは違うところです
どうして、病院を変えたのか・・・


その前に、今まで行ってた病院の説明しますと

①予防接種や狂犬病の注射、フィラリアの薬をもらったり、餌をお願いしてる病院

②サブが体調が悪いときに診てもらう病院

の2箇所に通ってました

なぜ2箇所?なんですが、①の先生がサブを診れないからです・・・(^^;)
とっても良い先生なんですよ
ここに行くようになって、サブが吐いたりしなくなったし・・・
でも、ちょっと大型犬が苦手みたいで、先生が採血できないから、サブは4歳くらいまで血液検査とかしたことなかったんです
触診もなかなかできなくて・・・
どちらかというと、ネコの得意な先生なんですね
サブちゃんは、ちょっと・・・って言われますもん


②の先生は、サブが体調おかしい時に診てもらってた先生です
ここでは、あえて予防接種とかはせずに、サブに痛いイメージを持たせないようにして
先生が診察しやすいようにしてきました
左膝の関節が外れやすいことも、この先生に診てもらってわかりました
この、先生もとっても良い先生で、丁寧にサブと接してくれます
でも、②の病院ではっきり言われてたのは、
大きな病気が見つかったら(例えば癌とか)自分のところでは無理なので、もっと大きな病院に回しますって


今回、病院に行こうってなった時に、母親が県内の新聞にコラムを書いている大きな動物病院に行ってみようか?って言ってきたんです。
お客さんにも行ってる人(犬)がいて、すごく良いらしいって

確かに、①の先生はサブを診察できないし
②の先生は大きな病気は見れないって言ってるし
それなら、最初から大きな病気も見てくれる先生にお願いしておいた方がよいのでは?って

でも、新聞の病院は1時間くらい離れたところにあって、なかなか通うに大変

それで、ほかにどんな病院があるのかを調べたら
うちから30分ほどの所にも、設備の整った大きな動物病院があって
通ってるワン友さんに聞いてみると、とっても良いところだよって


それで、新しい病院に行ってみることとなりました


行ってみて、ホント良かったです
昨日の記事にもあるように、犬種によっての出やすい病気の説明とか、とっても丁寧に教えてもらえたし
何よりびっくりしたのは、サブがレントゲンを撮った!!ってこと

え?普通??

実は、我が家の暴れん坊サブは、麻酔をしてからでないとレントゲンが撮れなくて
今までのお医者さんでは、前日からの絶食をして、朝一番で病院に届けてと
もー、大仕事だったんです

だから、昨日、膝関節が腫れてるからレントゲン撮りましょうって言われたとき、まさか撮れると思わなくて
とっても良い子でしたよ~って、サブに引っ張られて来たレントゲン技師さんに、
思わず、嘘ですよね?って聞きそうになりましたもん(^^;)




今まで、我が家は動物を見送ったことがないんですよね

犬はサブが初めてだし

ネコは、あびの前のネコは行方不明でいなくなってしまって(私が小学生の時です)

そして、幸せなことに、サブもみみもあびも、今まで命に関わる病気もせずに
ここまで元気でいてくれて

今回、初めて、本当に初めて、誰かが病気になったら・・・?って考えました
遅いですよね。。。みんな、頼りない飼い主でごめんね。。。


いただいたコメントのお返事にも書いてますが

動物だって、人と同じように病気になって当たり前なんだって、
感じることのできた今回のこと

絶対、絶対、無駄にしないぞ・・・




ランキングに参加しています
ポチっと応援いただけるとうれしいです♪(^^)







サブ君どこも問題なくて本当に良かった!

動物は多少どこかが痛かったり何か体に異変があっても
自分から何か云ってくれる事は無いので飼い主が定期的
にチェックするのって大切ですよね。
あまり神経質になりすぎてもいけないけどやっぱり大切!

良い病院が見つかって良かったですね♪
2011.02.18 00:56 | URL | 小雪の母 | 編集
良い病院が見つかってよかったですね^^
これでもう安心!
しかもレントゲンもすんなり撮れたと言う事は。。。
サブちゃん、技師さんを信頼してるのかな?
大きな病気になった時、そんな事考えたくないけど、
でも万一の事を考えて、すぐに病院にかかれるよう
今のうち準備しとく温花さん、本当素晴らしい!


やっぱり温花さん、サブちゃんをしょっちゅう
「よ~しよしよし」撫でまわしてるんですね^^♪
2011.02.18 06:58 | URL | norori* | 編集
犬の病院を探すのはとっても難しいです。
ぱずーは元気印なのですが、先代犬が病気がちで、さんざんと病院を変えました。
大きな病院にも行きましたが、大きな病院は通常時に行くところではないので、
結局は、温花さんもかかれていますが、こちらが納得できるまできちんと説明してくれるところに落ち着きました。
ぱずーも引き続き、そこに通っています。
自分のことではないので、よけいに難しいですよね。
温花さんいいママさんだ!がんばって!
2011.02.18 10:33 | URL | ajiko | 編集
病院選びって 難しいですよね

出来ない事は出来ないって はっきり言ってくれるのは 親切だと思いました
曖昧な態度を取られると 不安になりそーです

今回 記事にして下さった事で
私も 色々と 考えたり 
自分をみかえしたり・・・と 勉強になりました
ありがとうございます
2011.02.18 12:01 | URL | kotone | 編集
こんにちわ。
動物を飼うからには、最後は覚悟しなきゃいけないのですが。
相性合う動物病院を探すのは大変ですよね。
動物病院と名乗っているからには、犬も猫もウサギも…見る事が出来なければならないと思いますね。
でも、得意不得意ってしょうがないんでしょうか・・・。

家族の1員なのですから、心配症になるのは当たり前です!
説明をきちんとしてくれる病院が見つかってよかったです。
きっと、サブちゃんも慣れている技師さんで安心だったのではないでしょうか?

↓ リンクの貼り方、良かったです~★

2011.02.18 22:19 | URL | まんまるア~コ | 編集
ペットの寿命・・・考えちゃうよね。
けどね、あんまし関~係~ないサ~♪
実家では昔ハスキー犬を飼っていたんだけど、
10歳くらいって言われてたけど15歳くらいまで頑張ったもの。
最期はね、筋肉が衰えて便を出せなくなって、
お尻に指を入れて出してあげなくてはならなくなったの。
けど、犬にとってそれはすごく痛い事で、家族にはやらせてくれなくて
ほぼ毎日病院に連れてって先生に出してもらってたんだ。(先生にはやらせるのよ)
その数ヶ月後に私は地元を出る事になり、そのさらに数ヶ月後に息を引き取ってしまった。
穏やかな顔だったって聞いて安心したけど、
もっと自分で看病してあげたかったとかいろいろ考えた。
けど、過ぎた事を悔やんでも仕方ないんだよね。だから心からありがと、お疲れって思った。
その事を思い出して、今カフカにしてあげられる事を目一杯してあげたいし、
何かあったらすぐに見つけないとって思う温花さんの気持ちすごいわかる。
あらやだ 長くてしめっぽくなったわ。
温花さんはやさしいママさんだし、いつも側にいられる環境だから、
もし何かあっても早期発見できるよ!!ぜったい!!
そうそう、うちの実家のレトリバーなんて子宮筋腫で手術したけどピンピンしてる。
女ばかりの家族で誰一人なっていないのに、生意気だよねw^m^

2011.02.18 22:32 | URL | フジコ | 編集
サブちゃん、なにもなくて本当に良かったです(*^_^*)
しこりとかイボとか、見つけてしまうとホントに落ち込みますよね・・・

私は前の犬、シェルティーの「ゆうた」が15歳まで生きてくれたんですが、もうしょっちゅうしょっちゅうしこりを見つけてしまって、肥満細胞種も何度もできて、何度手術したか思い出せないくらいでした。
だから、ここあは赤ちゃんの頃からず~~~っと健康には気を遣ってきましたが、だからって病気にならない保障もなくて・・・

信頼できる獣医さんを見つけておくのは、とても大事なことだと思います。
私は「ゆうた」の頃から通ってる獣医さんをとってもとっても信頼してるんですが、5年前に私が引っ越しをしてしまって、けっこう遠くなってしまったんです。
それでも今もそこに通っていますが、何しろ、ほら、猫が増えすぎちゃって、病院通いも増えちゃって、ちょっと近場の獣医さんにかわろうか・・・って悩み中です。
やっぱり近くがいいですよね(^_^;)

なんか、何が書きたいのかよくわからなくなっちゃって、ごめんなさい。
とにかく、サブちゃんが元気で良かった!(^^)!
良い病院も見つけられて良かったです☆
2011.02.18 23:17 | URL | ゆう | 編集
小雪の母さん

そうですよね~神経質になりすぎてもダメですよね
でも、動物って、とっても我慢さんだから、ちょっと痛くても頑張って歩いちゃったり、飼い主と一緒だとうれしくて飛び跳ねちゃったり
も~、痛いって言ってよ~!!
って思うこともあったりします(^^;)

良い病院にめぐりあえて良かったです



norori*さん

そうなんです!!レントゲン、その日に麻酔なしでとれちゃったんです♪
もー、これが感動で!!
だって、麻酔も食事抜きもすごくストレスだったの・・・
たぶん、大きな犬にも慣れてる病院なんだなぁ・・・って、客層(動物層?)見て、思いました

そりゃ~、撫で撫でしちゃいますよ(笑)



ajikoさん

そうなんです。ちゃんと説明してくれて、アドバイスももらえて、とっても安心できたんです
後は、暴れん坊サブでも、ちゃんと診察してもらえる!!
今までのこと考えたら、これって、スゴイことなんです~

でも、新しい病院でも、待合室で愛想ふりまいて
飼い主としては、あっちにすみません
こっちにすみません、おばあちゃんニャンコに、苦情も言われてきました(^^;)
バタバタしてて、なかなかコメントできずにいたのですが・・・
ばずーくんとの雪旅行、とっても楽しそうで、私もサブと旅行に行きたくなりました♪




kotoneさん

そうですよね、以前行ってた病院も、とてもよいところだったんです
ただ、サブを診察できなかっただけで・・・
書き忘れちゃってますが、①も②も女の先生なんです
だから、やっぱりサブが暴れると・・・(><)
暴れさせる私達が悪いのですが、注射見るとやっぱり・・・
痛いのいや~!!って

私も、今回いろんなこと考えて、ほんと良かったと思ってます







2011.02.18 23:55 | URL | 温花 | 編集
まんまるア~コさん

やっと文章にリンク貼れました♪
ありがとうございました

こちらは、とっても田舎なので、動物病院といっても牛とか馬とか見るほうが得意な病院もあったり・・・するそうです(ホントの話)
うちのお店には、動物好きなお客さんが多いので、こういうことはやっぱり口コミで情報収集
新しい病院は、誰に聞いてもお勧め!!って言われて、良かった☆って思ってるところです


フジコさん

ありがとう☆ 読んでて、目が・・・余計に湿っぽくなっちゃいました(笑)
きっと、ハスキーちゃんも、幸せいっぱいの人生だったんだろうなぁって
実家のわんちゃん、子宮筋腫で手術したんですね
今が元気なら、うれしい限り
え?生意気・・・?きっと、家族の分、代表して手術してくれたんだよ~(^^;)



ゆうさん

ですよね、正直、しこりまであった時には、かなりへこみました
でも、いい機会だったなぁって
いろんなこと考える・・・

確かに、ゆうさん家はニャンズがいっぱいいるから、病院にいく回数も多いし、遠いと大変ですよね~
近くにも良い先生がいれば良いけど・・・
でも、遠くても、信頼できる先生って、やっぱり良いかも

2011.02.19 00:18 | URL | 温花 | 編集
病院選びって本当に、悩みますよね。
先生が信頼できることが一番だと思いますが。
太郎も一時期転々としていました。
今は、お薬や簡単に済ますことが出来る時と
施設が整った大きな病院の二箇所を利用しています。

2箇所に病院に行くと病気の情報が散乱してしまうので、治療内容と薬などについては、自分で整理してファイルして置くようにしました。

サブ君、大きな病気がなくてよかった。
シニアにあってくると健康診断はしたほうがいいですよね。
2011.02.19 01:02 | URL | HANA | 編集
そうですかぁ・・・太郎くんも2箇所にかかってるんですね

都会とちがって、サブ地方は田舎なので
大きな病院といっても、大学病院!?なんてものではなく
町のお医者さんより少し設備があるくらい
待ち時間もそれほどかからないし
これからは、この病院1箇所で済みそうです

健康診断も、予防接種やフェラリアの予防のときに一緒にしてもらえるそうなので、ホッとしてます(^^)

病院2箇所だと、いろいろ説明とか大変ですよね

太郎くん、元気に長生きしようね♪
2011.02.19 13:42 | URL | 温花 | 編集
  管理者にだけ公開する


トラックバックURL
http://sabumimiabi.blog71.fc2.com/tb.php/162-75c434a4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。